rinの乱

昨日(9/10)に、rinを乳母から外しました。

乳母から外すにあたって一々こうして公表すること自体はこれまでもこれからも考えていないのですが、今回に関しては身内以外の方々を巻き込んでしまったので説明をしておくことが、自他共に必要であると考えた次第であります。

プライバシーの関係上、この記事内での僕とrin以外の方の名前等は控えさせていただきます。
なお、楽しいお話ではないので、不快に思われるかも知れない方は見るのをオススメしません。

事の発端は8月末あたりに、rinがある方が経営しているお店に行った後、僕にそこで起きたことを話したことにあります。

rinが僕を通じて知り合った、その方のお店に行くことや、個人的にその方とrinが会ったりしていることは知らされていたので知っていましたし、僕自身特に乳母だからと言って束縛するようなことはありませんでした。

なので特に気にもしていなかったのですが、そのお店に遊びに行って帰ってきたrinが僕に話した事柄がきっかけで状況が変わります。

要約すると、そのお店のスタッフさんから「乳母とかコミュニティすぐ崩壊するでしょ」と言われてとても悲しかった、ということを言われました。

僕はそのスタッフさんとも交流があったので、かなり腹が立って、個人名を上げTwitter上で非難するという行為に至りました(当該ツイートに関しては削除済)。

ただ後々聞いた話によれば、実際にその場で行われた会話は「コミュニティを作っても潰れるところと続くところがある。続くといいね。」というものだったらしいです。

虚偽の申告をした理由については彼女の内面の話になるので、僕として解釈しているとは言え断定すべきではないと思うので控えますが、虚偽の申告をして他人に迷惑をかけてしまったことには変わりは無いので、その事についてrinに対して怒り、お店側の方々にはメールで謝罪をし、Twitter上で「僕の誤解であった旨」をお知らせしました(今後お店に伺い謝罪をする予定です)。

お店に伺い謝罪をする際に、rinを同席させる予定で話が進み、僕のスケジュールを抑えていたrinとのスケジュールを全て白紙にしました。日記の更新等も禁止しました。その意味は、いわゆる謹慎的な意味合いです。

僕がお店に謝罪に行く理由は、片方だけの話を聞いて短絡的にお店に対して非難をしてしまったことにあります。ですので、僕自身が謝罪に伺うことは僕の筋をお店に対して通すということでもあります。

そのような話になっていた矢先に、rinがツイッターでそのお店に再び遊びに行っている旨のツイートをしていたのを見かけ「???」となりました。

僕の価値観と言えばそうなのかも知れませんが、自分の虚偽申告が発端で他人を巻き込み問題を勃発させ、当事者が直接に会い何らかの決着をつける前に、原因を作った者が当該のお店に平気な顔で遊びに行くという神経が僕としては全く理解できずに、その理由を問いました。

「私はお店の人たちに謝ったから、私の中では終わった事だと思っていた」

「ファッ???????」

ちょっとよく分かりませんでした(笑)

狼狽しながらも僕としての道理を説いたのですが、あまり理解できないようだったので、ちょっと僕には手に負えないと考え、関係を切ることに決めました。

彼女1人のせいにするつもりは無く、なので僕は今後彼女とは会いませんが1人でお店に謝罪に伺う予定です。ただ虚偽の申告により原因を作った人間として当事者全てが終わったと言える状態になるまで「終わった」と判断すべきでは無いのではないかと思うわけです。(僕の価値観がズレてるのかなぁ...)

まぁ、それは人それぞれの価値観の違いなのでそれを押し付けても仕方が無いということで、お別れをすることになった次第です。

その際に、彼女が抑えていたスケジュール分の料金やその件に関して受けた損害諸々含めた金銭を内訳を説明し請求しましたが、その後まもなくツイッターとLINEはブロックされました。

その他連絡手段はありますが、これ以上関わること自体が有益では無いと判断したため、後を追うことはしません。

以上がrinをクビにした事の顛末になります。あまり良いお話ではないので、野次馬根性で見ていただけたらと思います。

乳母日記

乳母日記