はるさんときっかけ

こんばんは、やつめです。


はるさんについてと、


依頼した理由を書いてみようと思います。


結構長々グダグダ書いてます。


日記だから許してね。


初回の依頼、依頼書には


いろいろ書いたと思うのですが、


心の奥底にあった一番の理由は


【とびきり悪いことがしてみたい】


これだけでした。


19歳で結婚して、旦那の実家で三世帯同居。


子宝に恵まれず親戚から圧をかけられたり、


心ない言葉をかけられたり、


自分の体質を恨んだり


幸せそうな妊婦の不幸を願った事だってありました。


自分で選んだ道だけれども、


自由に遊ぶ同級生や会社の同僚が


羨ましくて羨ましくて仕方なかった期間を経て、


離婚して誰に咎められるでもなくなったにもかかわらず、


パッと思いついた私の中での一番悪いことが


【知らない男の人と遊ぶ】


だったので、依頼した。


ただそれだけです。


結婚生活の間ずっと悩み続けていて、


私がどうしようもなかった問題を


離婚を確定させる前に早々と旦那が


他の女性で解決してしまったことに対しての


やるせない気持ちというか、


やり場のない怒りのような感情を


どこかにぶつけて発散させたかったのかな、と


今となっては思います。


脳イキという不思議な行為に


興味を持ったという理由もあったのですが。


二回目の依頼は、


完全にはるさんの人間性に惹かれて、


もう一回お話がしたい、


ボコボコにされたいって理由です。



△はるさんについて△


初めての依頼の時の詳細は


ツイッターに投げたものがあるので


詳しくは書かないけれど、


居酒屋さんで聞いた話が


涙が出るほどストンときて


お父さんに感じるような安心感?


がずっとあったんだけども、


二回目の依頼以降はたまらないくらいの


愛らしさ?愛おしさ?を


ビシビシ感じています。


隣で眠るはるさんが可愛くて可愛くて、


こっそり抱きしめてしまったり。


乳母という立ち位置()を与えてくれて、


1年前の自分じゃ考えられない世界を


見るきっかけをくれた


とっても大事な人だと思っています。


大好き。


地方ゆえに頻繁に会う事が難しいけれど、


大人のごっこあそびが


ずっとずっと続けられるよう、


この世界を維持してもらえるよう、


はるさんという赤ちゃんが無事に育つよう


ペーペーですが、


大事に大事にしていきたいなぁと


強く思ってます。

乳母日記

乳母日記