102...旅

 

 

 

私は今旅をしている。

 

 

電車に乗って
行く先も決めずに
ゆらゆら 揺られている。

 

 

そして いろんな駅で降りて
いろんな人と出逢う。

 

 

自分から話しかけることは怖くて出来ない。
だから どうせ知っている人のいる場所へ
行ってしまう。

 

 

私は臆病者。

 
その旅で出逢った人と
仲を深め さようならをし
また私は旅に出る。

 

 

 
私は旅の途中

何度もいろんな壁にぶつかり 逃げたくなり
時には死んでしまいたくなるだろう。

 
途中で降りて
元にいた場所へ戻ろうか。

いっそ身を投げてしまおうか。

 

 
いつ終わりが来るのだろう。

 

 
そもそもこの旅の仕方は
正解なのだろうか。

 

 

答えなんてない。
わからないまま進んで行く。

 

 

 

 

この旅の中
手を引いて 支えてくれる人がいるだろうか。

わたしはひとりぼっちじゃないだろうか。

いつ人に裏切られるだろうか。

出逢った人がわたしより先に
死んでいくんだろうか。

旅をして良かったと思えるのだろうか。

 

 

 

いつか 死 という 終点が待っている。

 
それまで
いろんな不安や 楽しみを抱えながら
人生という旅を歩いていく。

 

 
死にたいと思っていた
あの頃なんて忘れて
幸せだったとわたしらしかったと

最期を迎えたい。

 

 

乳母日記

乳母日記