ぽろぽろ

別に死にたいわけじゃないけど、首を絞められるのが好き

痛いことは好きじゃないけど、叩かれるのが好き

 

ずっと前の依頼の、個人的に好きなところを書きます。忘れないように。

 




 

 

ひどいことをするときのはるさんは別人みたいで、とっても怖い。

やめてが通じない

首を絞めながら「お前まだ息できてるやろ?」って

 

そうして息ができなくなって、周りの音は霞むのにはるさんの笑い声だけが聞こえて頭の中で反響する

くるしくてはるさんの手首を掴むと、ビンタされる。

 

本当のやめてとまだ大丈夫のやめてを見極めれるの本当にすごいなと思います。

チハはいつも本気でやめてを言っているはずなんですがね

 

そのうちおちんちんを入れられて「中で出してもいいよな?」って

血の気がサッと引いて、首を横に振ってもはるさんは動くのをやめてくれない

そんな緊急事態なのにポンコツまんこはじわじわきもちよくなってくる。ポンコツのくせに。

 

「中で出してもいいよな?なぁ?うんって言ってや」

はるさんとのこどもなら授かってもいいかななんて、本気で考えてしまった。

実際はきちんとゴム付けてくれてました。早業すぎる。

 

そのあと反省会をして、はるさんがチハをちゃんと見てくれていることを知ったり

ごはんをおごってもらったり

はるさんのお父さんな一面を知ったり

たくさんキスをしてもらったり

はじめてお外でえっちなことをしたり

楽しかったなぁ

 

はるさんが恋しくなって来ました。

はやく戦争を終わらせて、はるさんに会いたいです。

 

 

今回はこんな感じ。次回はまた今度。

 

それでは

乳母日記

乳母日記