嘘で隠した本心

 

 

 

「パパ大好きだよ」

 

昔から大好きだったはずだけど

最近までの"大好き"には嘘があった。

 

"大好き"で隠した本当の心

ふと顔を出す恐怖

必死に隠し通した雫の心。

 

 

今は落ち着いたけれど

うちのパパは二重人格に近い

 

普段はあんまり怒らない人でのんびりさんで

自由奔放で雫にも朝甘い。

家事は出来ないけれど運動も仕事もできる

超かっこいいパパ

 

雫は昔っからパパっ子だったらしいし

今もパパが大好き。

今でもお出かけもご飯も飲みもよく行くし。

 

いつだろう

弟にパパがブチ切れた。理由忘れちゃったのだけれど。

弟の髪を引きずって外に出すパパ。

顔を、お腹を、これでもかってくらい蹴ってた。

ママと2人で止めてやっと落ち着いて

今度はママとパパの喧嘩が始まって。

 

外に出て弟を助けに行ったら

弟の背中は引きずられた跡で血だらけ。

 

その時初めて見るパパの姿に恐怖を覚えた

パパの言うことはなんでも聞くようになって

あっというまに雫も中学生。

 

中学2年の時くらいに

イライラしてるパパにイライラして

ふと何か言っちゃったんだよね。

そしたらパパのスイッチが入っちゃって

あの時と同じように

髪を引きずって外に出されて

馬乗りになって顔何回も殴られて。

終わったと思えば蹴られて。

 

その日から雫は家出したりして

家から離れるってことをして整理したけど

パパに対する気持ちはやっぱり"怖い"だった

 

何が怖いって

パパ、自分がやったこと覚えてないんだよ。

なにも覚えてないの。

血が登りすぎて覚えてないのか知らないけど

弟の時もそう、あの人には記憶が無い。

だから二重人格に近いのかなと思うの。

 

パパのこと大好きだけど

いつの間にか"好き"で恐怖を隠したのかもしれない

嫌いになりたくなかった。

 

この日から少しトラウマになった。

パパがイライラし始めると

思い出すし不安で震えが止まらなくなってた

パパの顔色すら伺ってたのかも。

 

 

でも

成人式終わった後にパパと飲みいって

お酒がないと怖くて言えなかったんだけど

ちゃんとパパにも言ったの。

あの時これがこうでこうだったんだよ、って。

だから雫はずっとパパのこと怖くて怖くて

でも大好きだし、って。

パパ必死で謝ってきたし、普段あんまり意見とか思ったこと言わないパパが色んなこと伝えてくれた。

泣きながらお酒飲んで最後は2人で潰れたのもいい思い出だね。

 

だからね、今は本心で言えるよ

世界1パパのことが大好きだよ。

 

 

 

今日も

最後まで読んでくれてありがとう

☔️.shizuku

乳母日記

乳母日記