濁りに染まぬ蓮


気持ち悪い女は
憧れを知って努力を覚えました。

嫌われないための努力でなく
少しでも此方を見てもらうための努力
地道に地道に、
挫けそうな時には身体に崇拝を彫りながら
自分を支えて努力を続けて。

狙いを定めた相手にそれが効いているのかは
1年経っても分からないままだけど、
少しは変わったんじゃないかと
自分に言い聞かせながら。

少しでも相手の力になりたい
相手と対等な位置に立ちたい
最高の理解者でありたい
誰よりも頼りにされたい


叶わない事ばかり、高望みばかりだけど。

私の憧れが消えてしまわない限り
憧れは成長を続けているので
成長に終わりはないし。

理不尽に心が潰れる時だって
嫉妬に溺れる時だってあるけど
私には最高のお守りがあるから大丈夫。

この感情を抱いたからには
最後まで動けなくなるまで
追いかけてやろうじゃないの。
いつか喰ってやるんだから。

乳母日記

乳母日記