From

こんばんは。

m.です*Ü*

乳母があと少しで解散になるらしいです。

わたしは一昨年の5月からこの場所で言葉を綴り始めました。懐かしいなあ。

思うことは沢山有ります。はるさんの、益々の躍進を思ってもやっぱりこの場所が無くなるのは寂しいと感じるし。

これからどうなるんだろうな、とか。

彼の傍にわたしが居ないことが考えられない。少しの間居なくなってたけど、一緒に居て2年以上の月日が経った。

これからも傍に居たいって思う。

思うけど、想うだけじゃいけないの。わたしの力を示さなきゃいけない。

わたしは容姿にしか自信が無くって、肝心な中身の方は空っぽ。少しは変われたと思ってたけど。

わたしが出来ること。わたしにしか出来ないこと。わたしの強み。考え始めると頭が痛い。

いつだって自信過剰に振舞って奥底の自分を隠して偽って生きてきた。そうやって長いものに巻かれて生きてきた。

みんなそうだと思ってた。

でも、ここではそれは通用しないみたい。

否定されたからこそ見つけられた。

新しい生き方を見出したい。

今までの狡賢いわたしじゃなくて、もっと堂々とキラキラ生きてみたい。

出来ることなら、好きなひとの隣で。

此処のひとたちはわたしを買い被り過ぎる。それは重荷になる。わたしはただの、ごく普通のその辺に居る女の子なのに。

でも、だからこそ。わたしにしか見えないもの、出来ないこと。力になれることがあるはずだから。見つけたい。

他でもない、わたしの為に。

乳母日記

乳母日記